快眠ドームの評判口コミ!かぶって寝るまくらIGLOOレビューを紹介

外の音や光が気になって
なかなか眠れない!ってことはないですか?

神経質になり過ぎるのは
よくないとしても、

できれば、いい環境で良質の睡眠をとりたいものですよね。

寝る時、ちょっとしたあかりや音が気になる人におすすめのなのが

快眠ドーム!かぶって寝るまくら IGLOO (イグルー)。

販売終了していたのですが
多くのリクエストに応えての再販です!

そこでこの記事では快眠ドームを利用している人の口コミや評判等を紹介したいと思います。

■快眠ドームの評判と口コミ。

IGLOO(イグルー)の快眠ドームは
良質な眠りを提供する為に睡眠専門医が開発した商品。

1.静かな空間
2.光が入らない空間
3.適度な閉塞感

という三つの基本コンセプトにもとづいてつくられています。

各コンセプトごとの評判です。

■高評価の口コミ

●よく眠れる

★ 快眠ドームが気持ちよく朝まで眠れます。
★ 期待以上で、布団との隙間も無くなるので、あったかく快眠できる
入眠が早くなり目覚めもいいです。今度車中泊でも使ってみたいです。

★ 入眠が早く目覚めもいいです。1時間くらい熟睡したと思ったら、15分ぐらいしか経っていなくて驚きます。
★ 赤ちゃん用に購入。お昼寝をする時に静かに寝てくれて、注文してよかったです。

●遮音、静かな空間

★ 寄宿舎生活の息子に購入。ドームを使ってから人の声が気にならなくなった。
★ 完全ではないが、いつもより真っ暗になり音もある程度遮断でき良かった。
★ 早朝のカラスの鳴き声で、目を覚ます事がなくなりました。

★ パートナーにプレゼント。昼間寝る事が多かったのですごく喜んでます。。
★ 隣の部屋からの騒音に悩んでいたのですがうそみたい。遮光は完璧。

★ 低い音は軽くなったと感じませんでしたが、高い音はかなり軽減してくれるみたい

●遮光性、光が入らない空間

★ 遮光はかなり良くアイマスクの変わりになっており良好です。
★ 夜勤明けで帰って昼間に眠ることがあるけどドームで助かってます。
★ このドームは遮光が抜群です。

★ 昼寝の時や太陽の日差しが明るい部屋でも目元が暗くなるので楽に睡れます
★ パートナーが夜中トイレに行くときの音や明かりが、気にならなくなりました。

●適度な閉塞感

★ ドームが大きいので息苦しくなく良いです。
★ 暖かいうえに、安心感があります。

★ ドームで囲まれている感じが落ち着きます。
★ 程よい閉塞感が心地よい

●その他、ショップの対応等

★ 使わないくなった時や来客時にはコンパクトに片付けられるので良かったです。

★ ショップさんの対応は良かった。商品発送の速さ、梱包や丁寧なフォローメール、次回使えるクーポンの発行など敷居が高くならないサービスが良かった。

■低評価の口コミ

★ 夏は暑いんじゃないかな?…と。予想したとおり夏は暑いです。

★ 値段がちょっと高い

★遮音ですが、音の高さや質によって遮音の効果が違うようです。クーラーのモーター音のような低音には効果があまり感じられませんでした。

★ 逆に音をひろってきて拡張してしまう場合もあった

音や光については
気になってくると眠れなくなるものですよね。

その点では、使ってる人の
評判をみるとかなり改善してくれる感じがします。

適度な閉塞感があった方が
良質の睡眠をとるのに効果的。。

というのは、はじめて聞いたのですが・・

メーカー側の説明では、

“顔の周りを覆うことで適度な閉塞感が生まれ、落ち着いて寝ることができます。”

と書いてありますが、口コミを見てると
落ち着くとか安心感があって・・

等の感想を書いてる人が確かにいました。

■快眠ドーム|かぶって寝るまくら IGLOO (イグルー)

快眠ドームは
日テレ ZIP!「流行ニュースBOOMERS」NHK「おはよう日本まちかど情報室」でも取り上げられました。

快眠ドームは、素材と形状によって良質な睡眠環境を実現しています。

吸音スポンジ。。工業製品に使用されれ強力な吸音力

アルミシート。。理想の暗さを実現。。

奥行きがあるので、見た感じとちがって
窮屈感は感じさせないということです。

映画館とか図書館で感じるような静けさと安心感を生み出すイメージ。

マイ枕を使うのでその使用サイズには気をつけましょう

枕のサイズは
幅58センチ 奥行44センチ以内

快眠ドーム利用にあたっての注意事項

■おわりに

睡眠ドームの活用は、
安眠に必要な環境づくりを自分で行うための一つの手段ですね。

外の光とか音などは
自分でコントロールすることは
難しいところがありますし、

それが原因で睡眠がとれない人には
おすすめのドームでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする