デンタルマウスピースの口コミ!歯並び,出っ歯,歯ぎしり等の効果は?

今回は、自宅でできる歯並び矯正「デンタルマウスピース」の紹介です。

歯医者さんで歯列矯正するほどではないけど、出っ歯や空きっ歯が気になる人におすすめの商品!

製造元の”Grocia”の商品説明にも書かれていますが、「デンタルマウスピース」は、あくまでも軽度な歯列矯正・リバウンド矯正用のマウスピースとしています。

歯並びの他にも、歯ぎしりやドライマウス、口臭予防の効果も期待できるようですね。

歯医者さんで歯列矯正すると、結構な費用がかかってしまうので、軽い段階で「デンタルマウスピース」を活用できれば、経済的にもかなりのメリットがあります。

コチラの記事では、「デンタルマウスピース」の特徴や効果、使用感はどうなのか?などについて、口コミや評判をまとめてみましたので参考にしてみてください。

■デンタルマウスピースの口コミ

●デンタルマウスピースの使用感

★ 厚みがありますが、噛み合わせは矯正してもらえる感じがあります。

★ 就寝時のドライマウス対策に、いい感じです。

★ 最初は違和感がありましたが1週間くらいで慣れました。朝起きてとったあとは少し痛いけど動いてると思うと期待大。

●歯ぎしりへの効果は?

★ 歯ぎしり防止目的で購入。歯がすれることもなくなり、朝起きた時はスッキリしています。

★ 歯ぎしり防止にいいです。歯茎もしまってきた感じがあります。

★ 替えよう用に2個買って出張時に使ってます。歯ぎしりに良いですね。歯茎もしまってます。

★ 歯ぎしり対策に買いましたが、やわらかい素材が気にいってます

●出っ歯、歯並びの矯正は?

★ 上の前歯が少し出っ歯で空きっ歯でした。寝ている間と昼間数十分装着していたところ、口が閉じやすくなってます。すき間も狭まっているようです。

★ 中学生の子供の歯並び対策に購入。ひどくなる前の予防として使ってますが嫌がることなく使ってます。

★ 3週間ほどの使用で空きっ歯が改善しました。歯のかみ合わせもいい方向に変わってるみたいです。

★ 歯並びの気になっている人にはとても使いやすいと思います。固定もしっかりしていて長時間つけてても大丈夫でした。

>>デンタルマウスピース その他の口コミレビューはコチラ【楽天】

ユーザーさんのなかには、歯の矯正をしたあと歯列が乱れないように「デンタルケア」を補助的に使っている人もいました。

なかには、歯医者さんでの歯列矯正を受けるまえにマウスピースがどんなものかを体験しようかと思って、購入してみたという方も・・・

↓↓↓↓↓

★  矯正による不快感がどんなものか体験するために購入。1週間ほどで噛み合わせに変化が見られ、どんな感覚かがわかりました。歯科医で費用をかけて矯正する決意も固まりました。デンタルケアは、矯正後リバウンド対策や歯ぎしり対策で使用したいと思います。

歯医者さんで歯列矯正を行うと平均して1~3年ほどかかるんですよね。それに矯正治療は、自由診療のため全体で75~100万円、部分矯正であっても40万円と結構高額。

決意を固めるためというのはユニークですが、こういう試し方があるんだなぁ~と感心したレビューでもありました。

費用面とかコストのことを考えたら、一度「デンタルマウス」をためしてみるのありだと思います。

ただし、あくまでも軽度の場合です。歯列矯正は、歯の形や大きさ、かみ合わせなどは個人によって差があるのでシッカリ、自分にあったものをつくってもらうのが一番です。

■デンタルマウスピース 時間かけて効果を出すことが大事!

「デンタルマウスピース」は自宅でできる歯列ケア、寝る前につけて寝るだけという簡単な方法でケア!

市販のマウスピースでは、お湯につけるなどして素材をやわらかくし、歯型に合わせるものが多いのですが「デンタルマウスピース」では、整形する必要もなくそのまま口に入れられるという手軽さがあります。

「デンタルマウスピース」の効果が期待できる人

・出っ歯の人、軽度の歯並びをケアしたい人

・空きっ歯の人

・ワイヤー矯正のあとにリバウンドしてしまった人

・歯ぎしりがひどい人

歯列矯正といっても、歯並びなどは徐々に時間をかけて変わっていくものなので、まずは慣れるところから始めるようにしましょう。

矯正には多少の違和感とか痛みがあります。レビューのなかでも最初は痛みがあったけど慣れてくるにしたがって気になラなくなったという声が多くありました。

大事なところななので何度も書きますが、歯列矯正については、あくまでも軽度な人が対象です。

【デンタルケア サイズ 素材】
サイズ(約):6,0×4,0×2,2cm
本体材質:EVA樹脂

●注意点。

子供さんについては、注意点があります。永久歯にまだ完全にはえかわってない時には、使用は控えた方がいいということです。

あと虫歯のある人も、使用はできません。噛む力は大きく、例えば体重50キロの人では、最大で50キロの力がかかってくると言われています。

矯正されている分だけ、力がかかってくるので、乳歯がある子供さん、それに虫歯のある人は使えないということですね。

■さいごに

今回は、歯並び矯正ツール「デンタルマウスピース」の紹介でした。

こういう類の商品には、合う合わないはどうしてもでてきますね。

口の中の状態、歯型や大きさ、位置などは、人によってかなり差があるので、一般の人を対象とする商品では限界があるのかなぁ~という感じです。

冒頭でも書きましたが、「デンタルマウスピースあくまでも「軽度な歯列矯正・リバウンド矯正用」です。ひどい方は、あくまでも歯医者さんで見てもらうのが大だと思います。

軽い矯正や、歯ぎしり、くいしばり防止目的の方にはおすすめの商品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする