風呂床の黒ずみ掃除に最適!木村石鹸・風呂床の洗浄剤の口コミはコチラ

お風呂の床の頑固な黒ずみ。力を入れてこすってもなかなかとれないとちょっとイライラしてきますよね。

そこで今回紹介するのが木村石鹸・風呂床の洗浄剤です。頑固な黒ずみ洗浄が楽になったと多くの人から喜ばれている商品!

創業から90年経つ木村石鹸。石鹸づくり一筋にコツコツ磨きあげた品質は、掃除のプロも納得の仕上がりになってます。

コチラの記事では、実際に頑固な風呂床の黒カビが”風呂床の洗浄剤”を使うことでどれほどキレイになるのか?使用感はどうなのか?ユーザーさんの口コミや評判等をまとめてみましたので参考にしてみてください。

■木村石鹸・風呂床の洗浄剤の効果の口コミ!

黒ずみは、黒カビ。水垢が黒ずんだもの。石鹸のカス。皮脂の汚れで黒ずんだものなどがあり、汚れがとれにくいところにたまったものや長いこと放置したままになってるものは、頑固になって取れにくくなってます。

そんな頑固な黒ずみも木村石鹸・風呂床の洗浄剤を使う事でかなり洗浄できたという口コミが多くありました。

口コミはコチラから
↓↓↓↓↓

★ 何を使っても全然落ちなかった床の黒ずみ。20年ものなので、一度で真っ白とはいきませんでしたが、掃除するごとに綺麗になっていく感じがします。

★ 浴室の床。色々試してみましたが効果はどれも似たり寄ったりだったので、今回も期待しないまま使ってみました。思ってた以上にみるみる汚れが消えていくのにはビックリでした。

★ コチラの購入してから早速試してみました。こすり始めてすぐには全く落ちなかったので、これもダメかなぁー思っていたのですが、続けていると次第に薄くなってくる。そのあと15分ぐらい磨き続けたところ新品みたいにピカピカとなりビックリでした。!

★ 黒ずみのあった床がピカピカになりました。力をいれずに擦って落ちてしまうのですごく楽。

★ カラリ床の溝の黒ずみなのですが、いろいろな洗剤を使っても落ちずに困っていました。コチラを試しに使ってみたら、完全に落ちてませんが、明らかにムラになっていたのが、全体にかなり薄くなりました。

★ 家の風呂床、長い間何をやっても黒ずみが落ちなくていつも気にしてました!コチラを試しに使ってみたら「ウソ~~」というくらい浸けおきなしで落ちましたよ!ビックリです。

★ 何を使っても落ちなかった黒ずみが、コチラの商品をふりかけてブラシで擦っただけで簡単に落ちてしまいました

>>木村石鹸風呂床洗浄剤 その他の口コミはコチラから見れます【楽天】

■木村石鹸・風呂床の洗浄剤。特徴と商品説明

【木村石鹸・風呂床の洗浄剤】は風呂床の悩みを解消する専用洗剤!

日本全国のホテルや銭湯で、長年使われてきたプロ仕様の洗剤を、一般家庭でも使えるように改良したものになります。お風呂の頑固な床の汚れをとるのは実証済みの洗剤といえるでしょう。

石鹸をベースとしたアルカリ性タイプの洗剤というのも特徴です。強い酸性の洗浄剤と違い環境や人にも優しいものになっています。

【木村石鹸・風呂床の洗浄剤】
原産国:日本
成分:界面活性剤、アルカリ剤、水軟化剤、除菌剤
液性:弱アルカリ性
用途:風呂床の洗浄・ヌメリ除去・除菌
正味量:200g
サイズ:約120×210×34mm

● 風呂床の洗浄剤の使い方は簡単

ぬらした風呂床に、40gの粉(付属のスプーン4杯)をまいて、ブラシを使って擦り洗いをするだけです。塩素系の洗剤のように、汚れたところを浸しておく必要はありません。

あとは水を洗い流すだけで、黒ずみやぬめりを洗浄します。除菌剤も入っているので、その後の黒カビやぬめりが発生するのを防いでくれます。

● 洗浄の仕方Q&A

1、洗浄する頻度はどのくらいがいい?
1週間に一度など定期的に洗浄することで、カビ等の発生を抑えます。

2、ドラッグストアで販売されてるお風呂用洗剤とどこが違う?
余な水分を含まない、有効な成分が凝縮されたパウダーならでは洗浄力を発揮します。

■さいごに

今回は「お風呂の床の頑固な黒ずみ洗浄に!」ということで【木村石鹸 風呂床の洗浄剤】を紹介してきました。

もし、なかなか落ちないからといって放置したままの黒ずみがあるなら、【木村石鹸 風呂床の洗浄剤】を一度試してみてはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする