シックスパッドフットフィットの口コミ評判!効果的な使い方をまとめてみた

筋肉の衰えは、年を追うごとにひどくなると言われてますよね。それを防ぐにはウォーキングや軽めのジョギングをすることで足の筋肉を鍛えることがすすめられています。しかしそうは言っても、なかなか実行するのは難しいものです。

そこで、今回は、最新のテクノロジーで手間をかけずに足を鍛えてくれる”シックスパッドフットフィット”を紹介します。

シックスパッドシリーズは、腕、太もも、腹部の筋肉を鍛えてくれますが、それにプラスして、フットフィットの登場で、ふくらはぎの筋肉も鍛えることができるようになりました。

コチラの記事では、シックスパッドフットフィットの口コミや評判、商品の特徴や使い方などをお伝えしますので、参考にしていただければと思います。

■シックスパッドフットフィットの口コミ評判!

フットフィットユーザーの使用感などの口コミです。
↓↓↓↓↓

★ 筋肉が少しキュッと縮むくらいの強さで2~3回使ってみました。初日なのに足先だけでなく、体がポカポカした感じになっています。夜も体が温まっているのかよく眠れます。

★ 使い始めて2日目になります。思っていたよりもかなり強烈です。はじめはレベル5でやってみました。

★入手したばかりでまだ二日間の使用ですが…想像してたよりかなり強力でした。昨日は初回ということもあり、20段階の5で使用。軽いしびれを感じる程度でしたが、2回目はレベル15でやってみました。ふくらはぎが締め付けられる感じがあり効果がかなり期待できそうです。

★ はじめて使った時は、効果がよくわからなかったのですが、濡れタオルで足の裏を湿らせたところ、全く違う刺激を受けました。レベル15では刺激が強すぎなので10くらいまで落として使用中。

★ 12~14ぐらいが私には適切なレベルです。使い始めた頃は常にふくらはぎや太もものあたりに軽い筋肉痛を感じていました。今では、若い人早歩きで追い越すほどになっています。30分ぐらい歩いてもあまり疲れを感じなくなりました

★ 年老いた両親が使用。歩くのに必要な筋トレが手軽に出来てとってもいいと思います。それとメンテナンスもとても楽。

★ ふくらはぎ効果を期待し購入。使用感ははふくらはぎというより足裏への刺激が強いです。確かに足の冷たさは軽くなりました。1日1回目盛り10で1週間の使用としています。体温も上がり始めたので効果は実感しています。

シックスパッドフットフィットは、10月末に発売されたばかりということもあって、まだレビューの数自体が多くありません。ただ言えることはフットフィットから出ているEMS(20ヘルツ)の刺激が、効果的に働いていることは確かです。

科学的な裏付けは、森谷教授の研究により評価されています。

運動医科学界を牽引する京都大学名誉教授 森谷敏夫氏は、EMSのトレーニング効果について40年以上研究を行っています。世の中に存在するEMS機器には、あらゆる周波数が設定されていますが、森谷氏は筋肉が発達するメカニズムに着目し、筋肉を効率的にトレーニングできる周波数は、20Hzであることを見出しました。現在、その論文は世界各国の研究者の注目を集めています。

今後、レビュー口コミについては新しい情報が集まり次第、コチラのページに追加していく予定です。

■シックスパッドフットフィットの特長、使い方

シックスパッドフットフィットは、マシンの上に左右の足を置くだけというNEWタイプのEMS。二足歩行を支えている、足裏、ふくらはぎ、前すねに通電することで筋肉を刺激します。

足裏、ふくらはぎ、前すねの筋肉の役割をみてみると
↓↓↓↓↓

●ふくらはぎの筋肉
歩いたり、走ったり、跳ねたりという、足を使った運動をしているときには必ず使われる筋肉です。

●前すねの筋肉
つま先を持ち上げる時に使われる筋肉。ココの筋肉が弱っているとちょっとした段違いがあったり、障害物があったりするとつまずきやすくなります。

●足裏の筋肉
歩く時にかかってくる負荷を分散させて、立っているときのバランスを保ち。足裏のアーチの働きを助けています。

歩行する力をずっと保つためには、この三つの筋肉の衰えを防ぐことが大切なんですね。普段からあまり歩くことをしていないと、年とともに筋肉は衰えてきます。この三つの筋肉は、しっかりケアをしてあげる必要があります。

●フットフィットの効果的な使い方!

1日1回23分のオートプログラムを搭載しているので、スイッチを入れるだけで特に操作をする必要はありません。

このオートプログラムは、時間の経過とともに段階的に運動強度が高まるように設計されていてウォームアップから始まって、本格的なトレーング、クールダウンといった一連の流れを自動的に切り替えてくれます。

そして、一通りのプログラムが終わると自動で電源スイッチが切れ、その日一日のトレーニングは終了です。

必要な知らせは液晶パネルを通して、伝えてくれます。電池交換やトレーニング中に足が離れたときには、サインをだしてくれます。

フットフィットには強さに応じて、1~20のレベルに分けられています。どのレベルに合わせるかは、通電してみてふくらはぎの筋肉がピクッと縮む感じがあるところ、かつ、痛くないところに合わせるようにしましょう。

トレーニングを継続するための工夫として、スマホを使ってトレーニング状態を保存する機能をつかえば、ちょっとした励みに利用することができますね。たまってきたデータを見ることがモチベーションの維持に役立ちますね。

・フットフィットはアルカリ単三電池4本を使用
・レベル20で約30回。
・レベル8で約60回。

■シックスパッドフットフィットと高齢者。

年とともに足の筋肉はだんだんと衰えていきます。それと高齢者の場合は、どうしても運動量自体が減っていたり、食事量を減ってきたりして、筋肉量は自然と減っていきがちです。

毎年、数パーセントの割合で、特に足の筋肉は減っていくと言われているので、フットフィットなどを利用してほしいところです。

レビューの中に、65歳を過ぎた方の話がでていました。足の衰えを感じてなんとかしようと思って購入されたようです・・

65歳を過ぎて、とみに足の疲れやだるさを覚えるようになり、これはいかんと思いながらも、毎日のウォーキングやトレーニングジム通いは長続きしない性分であることが分かっていましので、考慮の末SIXPADのフットフィット、アブズベルト、レッグベルト、アームベルトの4点を一括購入しました。特にフットフィットとは、運動不足になりがちで、足が弱くなり始めたと感じる高齢者の方にお勧め出来ると思います。家で気軽に使えるのも良い点だと思います

■さいごに

「老化は足から」などと昔から言われていますが、下半身を適度に鍛えておけば体のバランスが整えられたり、体の機能の改善が期待できます。

足の筋肉の衰えや、弱ってきたと感じている人、運動してきたえたいけどなかなか時間がとれない人・・・手軽にできるシックスパッドフットフィットで足をきたえてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする