アンチショックキーホルダーの静電気除去効果は?口コミ評判はコチラ

自働車や家のノブなど、金属製のものに触ってしまうと「パチパチ」と電気が流れ、体に静電気をためやすい人にはかなりの痛みが伴います。

特に静電気に敏感な人にとっては、この痛みがひどいストレスになってしまうようですね。

そこで静電気が発生しやすいこの時期、帯電体質の人に特におすすめしたいのが「アンチショックのキーホルダー」です。

いろいろな静電気除去グッズが売られてますが、あまり効果を実感できなかったり、はじめは効果があってもだんだんと薄れしまうものもあるようです。

「アンチショックのキーホルダー」の場合はどうなのでしょう?

ほんとに静電気除去効果の実感があるのでしょうか?効果の持続はどのくらいなのでしょうか?コチラでは、静電気対策で「アンチショックキーホルダー」を使っている人の口コミや評価から、どの程度期待できるかを見ていきたいと思います。

■静電気を除去するアンチショックキーホルダ

静電気が起こりやすい人は、帯電体質と呼ばれます。

帯電体質の人は、いろいろなものに触れたりこすれたりすると体の中に電気をため込んでいきます。

車のドアと家のドアなど金属部には触れると、体にたまった電気が流れていきます。この放電したときに痛みを感じてしまうわけですね。

「アンチショックキーホルダー」をにぎって金属部にふれれば、まず体内にたまった静電気を光に変えて放電してくれます。

そして、静電気のピリピリした感じを除去してくれるわけですね。

放電されたかどうかは、キーホルダーの中にあるランプが灯ることで確認できます。

それを目視してからドアに触れると、ピリピリした痛みから解放されます。アンチショックキーホルダーを通してゆるやかに放電されるので、あの”ビリッ”とした不快な感じがなくなってくるわけです。

■アンチショックキーホルダーの口コミ評判


実際にアンチショックキーホルダーを使っている人の声を紹介します。

★ 効果抜群です。ピカッと光って放電しているのがわかります。安心して車の乗り降りができますね。

★ 玄関、自動車、おつりをもらう時などいろんなところで静電気がパチパチ起こってました。静電気防止グッズはいろいろ試してきましたが、どれもいまいちハッキリせずで、唯一除電できたのはコチラの商品だけ。自動車と家用と二つに分けて使ってます。

★ ひどい帯電体質で特に冬場は困っていました。少々値段はお高めでしたがそレ相応の効果があって満足しています。車のノブ、着ている服にも使えて重宝しています。

★ 冬場はまちがいなくドアノブで電撃を受けます。以前につかってのも痛みは軽くなってましたが、また衝撃がくる感じがあったのですが、こちらは完全に放電してくれてます

★ 静電気恐怖症になるくらい車に乗るのにいつも痛い思いをしていました。キーケースに入れて持ち歩いてますが、安心して車の乗り降りができてます。

★ いろいろな静電気除去のグッズを試してみましたが、コチラのは放電した時の状態がわかりやすいし、ビリビリした感じがから解放されました。買ってよかったです。

★ これを使い始めて、静電気への恐怖心がなくなりました。もう手放せないし私にとっては必需品です。

★ 車のドア、玄関、郵便受けなど、冬場は特に金属に触れることが自体が怖くて仕方がなかったのですが、こちらの商品を購入してから一切の恐怖がなくなりました。抜群の効果に驚いています。

★ 車から降りるときが特にひどかったので購入してみました。放電してからだとピリッとした感じがなくなっています。これで安心して車に触れることができますね。

●使用するときに気をつけた方がいいよ!

★ ただ商品の先端が金属なので車などは当てるときに気をつけないと傷がついてしまいます。
★ たまに持ち方を間違えてしまいパチンときます
★ 持ち方を間違えると放電する力が発揮されないので注意しましょう。

>>アンチショックのキーホルダーのレビューはコチラから【楽天】

「アンチショックキーホルダー」のいい点は、半永久的につかえること。放電できたかどうかを確認できること、いつでもどこでも使えることなどがあげられます。

価格は、他の静電気除去グッズに比べると少々高い感じがしますが、98%静電気を除去できるというデータやユーザーさんの口コミ、耐久性という面からみても、十分価格に見合う価値を提供していると思われます。

■さいごに

今回は、静電気除去グッズ。アンチショックのキーホルダーを紹介しました。

いままで、いろいろな静電気防止の為のグッズを使っている人ほど、その良さを実感しているようでした。また性能とは別にデザインがかっこいいという人もかなりいましたね。

今何か、静電気除去グッズをお考えでしたら、一度、お試ししてみてはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする