スクワットマジックの評価口コミ!膝の悪い人や高齢者の筋トレにはどう?

今回は「スクワットマジック」の紹介です。

「スクワットマジック」というと横澤夏子さんが、おなか周りマイナス10センチが話題になったように、ダイエットというイメージが強いですが、使い方によってはいろいろと応用がききます!

膝に痛みがあってなかなか足の筋肉がつけれない方が補助として利用したり、足の筋肉量が減って下半身が弱ってきた高齢者が筋肉をつけるために利用できたりなどの使い方があります。

そこで、ココでは、主にこの二つの事に絞って、口コミ評価をまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

■スクワットマジックの評価と口コミ!

膝に痛みがあるとどうしても体を動かすこと自体が億劫になりますね。でも痛いからといって、使わないと筋肉はどんどん衰えてきてしまいます。

●スクワットマジック 膝の痛みがあってもスクワットが可能

口コミ
↓↓↓↓↓

★ 自己流でスクワットをやると膝を痛めてしまうけど、スクワットマジックを使えば楽々できて、しかも効果を実感できますね。
★ 膝の状態がよくないので運動があまりできません。筋肉をつける目的で買いました。太ももあたりに筋肉が少しずつついてきた感じです。
★ スクワットの補助器として優秀ですね。膝が痛くてスクワットができなかったのですがこれがあるとシッカリできます。
★ スクワットすると片側の膝が痛くなりできませんでした。でもコレをつかうと痛くなりません。大腿部に効いてる感じです。
★ コレを使えば膝に無理がかからずスクワットができる感じです。筋トレが楽にできるところが気にいってます。
★ スクワットすると膝に痛みがはしり、足の有働が大切だと知っていてもできなかったのですが、膝が痛くても大丈夫そうです。
★ スクワットすると膝が痛くなり出来なかったのですが、スクワットマジックを使ってスクワットをすれば膝が痛くならなくていいです。継続して下半身を鍛えたいと思います。
★ ベッドを使ってスクワットをしていた母にスクワットマジックを贈りました。使ってみて膝を曲げて戻る時に痛みがないと喜んでます。

足の筋肉量を増やすのに効果的な運動がスクワットです。痛みを感じない程度の負荷であってもスクワットを繰り返して行っていくと、必要な筋肉がつくようになりますし、膝の痛みも、筋肉が保護してくれるようになれば、痛みをやわらげることにつながるかもしれません。

●スクワットマジックと高齢者

加齢により自然と足の筋肉量が減っていきます。そうなると自然と活動量も減っていくことにつながり、歩くこと自体が億劫に。スクワットをしようと思っても回数をこなすのがきつくなってなかなかできない人も多いようですね。そんなときスクワットマジックで上手に補助してあげれば、筋肉量を増やす運動も可能になるでしょう。

口コミ
↓↓↓↓↓

★ 高齢の母にプレゼント。楽に足腰を鍛えることができると毎日楽しくやっているようです。
★ 足の筋肉をつける為に高齢の母親が毎日スクワットマジックを使ってトレーニングしています。自力だとかなりきつかったスクワットが負担なくできて喜んでます。
★ 足腰の衰えを予防するためにジムに通ってた母でしたが最近筋力が落ちたせいもあってメニューをこなせずにいた時にテレビの宣伝を見て購入。スクワットマジックが補助してくれるの膝への負担も少なくなり、太ももの筋肉に効いてる感じがすると満足しています。
★ 母親に贈ったら大変喜んでくれました。自力だけでスクワットは難しいですが、コレを使えばできると言ってました。
★ 筋力の低下が気になっていた母親がスクワットマジックを使って簡単にスクワットをしています
★ 自力でやるより軽い力でスクワットが出来、その割にはしっかりと効き目があるので、運動した感あります。軽くて場所の移動も楽だし、思い立った時にいつでも出来るので、飽きっぽい私でも続けられそうです。

高齢者といっても、自分でシッカリ動くことができるけど、筋力の低下を防ぎたいという人にはいいトレーニングになるかと思います。

ただ、レビューのなかには、普段スクワットになれてない高齢者が、うしろに転倒しけかたということが書いてありました。普段、あまり運動していない高齢者の場合は、使い方を誤って怪我をすることも無きにしもあらずです。

高齢者の使用を考えるときは十分気をつけないといけないですね。利用するときは家族が近くにいるときに行うようにするなど配慮が必要だと思います。

(スクワットマジックの取説を見ると高齢者の方は付き添いながらご使用くださいと書いてあります。)

■さいごに

今回は「スクワットマジック」のについて、主に膝の痛い人とか高齢者の場合はどうなの?ということについて記事を書いてみました。

スクワットマジックというとダイエットというイメージが強いですが足の筋肉量を増やす為の補助になることを考えればその応用範囲は、かなり広がる感じです。

膝の痛みがあって、なかなか運動できない人、還暦過ぎて少し筋肉量が減ってきたかな?って感じている人は、一度試してみるのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする