ドクターエアストレッチロールの効果!振動が筋トレ筋膜リリースになる?

今回は、新感覚の振動マシーン・ドクターエアストレッチロールの紹介です。

プロスポーツ選手やフィジカルトレーナー、また、整骨院などのリハビリツールとして、知る人ぞ知る人気商品。”ホンマでっか!?TV ”で、さんまさんが今年買って良かったものベスト4にストレッチロールをランクインさせたことで一時品切れ状態になってましたね!

※ 現在は、順次発送ができるようになってます。

さて、ドクターエアストレッチロールは、スポーツ選手の体のメンテナンスだけでなく、一般の人にも体のケアをする為の道具として活用してほしいものです。

普段から体を動かす機会が少ない人、デスクワークや同じ体勢で仕事をする時間が長い人などは、どうしても筋肉がかたまりやすくなります。動かす範囲が狭くなったり、血液の流れが悪くなって代謝が低下するなど、体の不調の原因となってくるものです。

このツールを使えば、強力な振動数により運動する時間をとることなく自宅で無理なく体をメンテナンスすることができます。ココでは、ドクターエアストレッチロールを使う事でどんな効果が期待できるのか?既に使っている人が実感していることなどをまとめていますので、参考にしていただければ思います。

■ドクターエアストレッチロールの効果?

ドクターエアストレッチロールは、3分間に10000回の振動する力を気になるところにあてることで筋肉を刺激し筋力のアップやシェイプアップ効果が期待されます。

肩こり首こりをはじめ、体の各部の可動域が狭まってしまう原因が筋膜の癒着です。これを解消して筋肉の動きを良くすることが”筋膜リリース”。ドクターエアストレッチロールに毎日あたることは、筋膜リリースにアプローチします。

適度な刺激が与えられて筋肉が正しい位置にもどってくれば、体を動きをよくする効果が期待されます。

ユーザーさんの体験談のなかに、整形外科のリハビリ体験を書いたものがありました。

★ 整形外科のリハビリでも脇の下に入れてやらされています。50肩とかで筋肉が萎縮して可動域が狭まったりしたときに筋肉ほぐすのに使うようです。

■ドクターエアストレッチロール レビュー口コミのまとめ

★ ほんとに振動だけで効果があるのと思って使い始めましたが、ぱんぱんに張ってた太ももがかなり柔らかくなってきました。足のむくみにもいいみたいです。
★ デスクワークの時間が長く、ふくらはぎと太もものむくみをなんとかしたくて購入しました。帰宅してから腰から足裏まで集中的に毎日やってたところかなり改善しています。マッサージに通う必要がなくなりかなり満足しています。
★ 足のむくみをとるのに最適なマシンです。横になって太ももからふくらはぎにかけて使ってました。朝起きた時の足の軽さにはビックリです。
★ マッサージのような効果は抜群です。足の疲れやだるさがなくなりました。
★ 足のむくみだけじゃなく動かすと痛くて回らなかった肩や首が、一度あてただけでビックリするほど軽くなりました。購入してほんとによかったです。
★ ストレッチロールってダイエット器具というイメージがありますが、自分としてはマッサージ器と言う方がピッタリです。足のむくみがキレイにとれました。おすすめのマシンですね。
★ 筋肉をほぐすのにはこれからの振動があった方がいい感じ。すごく柔らかくなります。マッサージにかようよりも局所をほぐすならストレッチロールの方がいいかもしれません。
★ 筋トレって感じよりも足のだるさと肩のコリが軽くなる感じがします。
★ 左の筋肉が固まった感じになってて歩行するときに痛かったのでdすが、太もものあたりをあててていたら痛みがかなりやわらぎました
★ 筋肉が固くなってるところに直接あてるようにするだけ。すごく簡単で使い勝手がいいです。これだったら続けられそう。

●ドクターエアストレッチロール 改善点についての評価

★ スイッチが左右両方にあるといい
★ 継続運転が10分じゃなくてもう少し長く20分くらいに延ばしてほしい
★ オンとオフのスイッチの切り替えが、レベル4までいかなくてもいいようにしてほしい。レベル4はかなり振動が強いので。オンからオフにダイレクトに切り替えができればいいのですが?
★ 振動音がかなりうるさい。クッションを敷いてもかなり響きます。音が小さければもっと気軽に使えるのですが。つい気を使ってしまいます。

■ドクターエアストレッチロールの商品説明&使い方

【ドクターエアストレッチロールの特徴】
・3分で10,000回強力振動。
・硬くなった筋膜にアプローチ。
・筋膜の収縮機能・柔軟性をあげる。
・振動のパワーで短時間で筋肉を柔軟に。
・適度な刺激で筋力アップ
・トレーニングツールや日頃の体のケアに活用。

●ドクターエア ストレッチロールS・使い方|基礎編|

●ドクターエア ストレッチロールS・使い方|応用編|

どうして、筋膜が硬くなるのか?その大きな原因は、動かさない事です。一旦、固まってしまうと、元の柔軟性をもどすのは大変になってくるので筋膜が固まらないようにすることが大切なんですね。

体をよくあたためることや変性しないようによく動かすようにすることです。ストレッチロールを上手につかって、適度に鍛えることはもちろん必要なことですが、かたまらないようなケアとしてストレッチロールを利用すること大事です。

■さいごに

今回はドクターエアストレッチロールの紹介でした。

筋肉が硬くなると、代謝が悪くなってくるのでできるだけ柔軟性を保ちたいところ。硬くなるということは、機能の低下や老化につながっていきます。普段、運動がなかなかできない人でも、ストレッチボールを使うようにすれば運動不足から解放されます。

ストレッチロールの振動にあたるだけでも筋肉が硬くならないような予防は打てます。もちろん、ストレッチなどを併用すれば、筋力アップなどの相乗効果が期待できます。一番は柔軟性を保つようにすることが大切なんですね。

ドクターエアストレッチロールを上手に使って普段から体のケアをしておきましょう。毎日のメンテナンスが体の機能を長持ちさせる鍵です。

>>1日10分でお腹や太ももについた余分なお肉を燃焼するには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする