アデランススパニストの口コミ評判!頭皮マッサージ効果や感想を紹介

今回は50年にわたる毛髪研究から生まれた「アデランススパニスト」の紹介です。プロが行う頭皮マッサージの技術の再現を目指した商品。

頭皮の健康状態は、頭皮をしっかりもみほぐすこと毛穴の汚れをシッカリだすことで維持できます。

・爪であたまをかいたとき爪の中に皮脂の汚れがつく
・シャンプーあとがイマイチスッキリ感がない
・昼間、頭皮がにおう
・髪の毛が乾燥しているときに頭皮にさわるとべたつく
・頭をあらっているのに枕ににおいがつく

などが気になる方、髪の毛のボリューム、薄毛、頭皮の健康状態が気になりかけた人におすすめのマッサージ器です。

コチラでは「アデランススパニスト」の頭皮マッサージにどのような効果が期待できるのか?ユーザーさんの口コミ評判をまとめていますので参考にしてみてください。

■アデランススパニストの口コミ評判

余分な皮脂が掻き出されれると髪の根元のべたついた感じや汚れで毛穴がふさがれる状態がよくなります。そうなると髪の毛がピンとした感じになりボリューム感が増します。アデランススパニストを利用した人の中には、使用後ボリュームが増したという感想を書いてる人が多くいましたね。

口コミ
↓↓↓↓↓

★ マッサージしたあとは髪がふんわりした感じになって気持ちいい。
★ 頭皮のマッサージだけじゃなくフェイスマッサージもできて、家族みんなで利用しています。
★ 手軽に頭皮マッサージができるところがいいですね。
★ コチラは手頃なお値段で使い勝手もいいし顔のマッサージもできてるし、ほんといい商品ですね。
★ 頭皮がシッカリもまれてすごく気持ちいいです。
★ ヘッドスパに通う料金を考えたらすごくお得。マッサージしたあとはスッキリ感があって気持ちいいです。
★ スパニストを使っていると頭皮がものすごく動くのがわかります。マッサージ効果はかなり期待できそうです。
★ 美容院で頭皮が硬いと指摘されていたこともあって購入しました。お風呂に入ってるときに使ってますがとてもいい感じです。
★ アデランスのスパニストは動作も商品の質もすごくいいですね。皮膚に作用するLEDは他のところにはないオリジナルなものなのかな?
★ 週3回くらいのペースで使ってます。使ったときとそうでないときの頭皮のスッキリ感は違いますね。使ったときは頭がすごく軽くなった感じがあります。気になってた抜け毛の量も大分減ってますね。
★ 美容院のヘッドスパにはいかなくてもいいのかな?頭皮が元気になった感じがします。
★ コチラを使ったあとは、髪の毛がふわっとボリュームが出る感じになりますね。頭皮も気持ち柔らかくなってる感じ。
★ 使用後の気持ちよさはもちろんですが、根元が立ってボリュームがでた感じになってます。ヘッドスパに通う料金と比較したら断然お得。
★ 入浴中にマッサージしてますが、とても心地よく気にいって使ってます。
★ 購入してから毎日使ってます。頭皮マッサージでどんな変化がみられるのか?画像をとって検証中。使いははじめた次の日から違いが見えます。これからが楽しみですね。

■ アデランススパニストは使い方次第で効果もアップ

毛穴に古い皮脂や汚れがたまっていると髪の毛のボリュームは少なくなるといわれています。手洗いだけでは完全にキレイにできるというわけにはいきませんよね。そんな時、スパニストを使うことで振動作用により毛穴周りの汚れをよりしっかりと揉みだしてくれます

「アデランススパニスト」のユーザーさんの中には何度か使ううちに、あて方のコツがわかってきたり、気持ちいいカ所を発見したりと使い方になれてくるといろいろな発見があるようです。

主な使い方は、髪の毛を洗っているときに一緒にスパニストを利用するのが基本的な使い方ですが、シャンプー前の乾いた状態の時に振動を与えると汚れを浮かせる効果があるようです。時間があれば、入浴前にマッサージしておくのもいいかもしれません。

“毎分約2,800回転”のストロークを使いゆっくり動かしていきます。そうすると皮脂の汚れを掻き出すことができます。また「振動モード」も搭載してるので毛穴周囲の汚れも揉みだしてくれます。

<アデランススパニスト本体>
●型番/AD-1000
●サイズ(約)/90×118×100mm
●重さ(約)/280g
●カラー/赤
●材質/ABS樹脂、シリコン樹脂、他
●連続使用可能時間(約)/2時間
●充電時間(約)/2時間
●保証期間/1年

■さいごに

今回は、アデランススパニストの紹介でした。

今「ヘッドスパマシン」が特別価格&豪華セット。シャンプーとトリートメントがセットになって TBSショップでセールされています。

公式サイトより2割ほど安く販売されていてお買い得。気になるかたはこの機会をご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする