エアコン専用掃除ブラシファンファンの口コミ!送風口が簡単にキレイは本当?

エアコンの掃除って面倒くさいということもあって半年、1年と放置してしまうことが多いですよね。うちでも、大抵年末になってからやっと重い腰をあげて掃除をします。。

特に汚れがひどくなる送風口は、奥の方にある汚れがなかなか落ちなくて、時間も手間もかかって意外と大変なんですよね。

エアコンの掃除をしている時、送風口の奥の方まで手軽に掃除できる方法があったらいいのになって・・思ったことはありませんか?

そうした要望に応えてくれる製品が、エアコン専用掃除グッズの”ファンファン”です。

この記事ではファンファンを使うことで、送風口がどれくらいキレイになるのか、また使用にあたって注意した方がいい点は何のか?既に購入した人の口コミ情報などを中心に紹介したいと思っています。

>>レジェンド松下おすすめ23選!伝説の販売師が厳選した商品一覧はコチラ

エアコン専用掃除 ブラシファンファンの口コミを紹介

●高評価の口コミ

★ こんなのあったらいいなと思ってたんですけど・・本当に汚れやほこりがキレイに落ちました。

★ これほど汚れが落ちるとは思ってなかった。すごく使いやすかったです。。

キレイに汚れがとれました。かなり前から黒いのがちょっと気になってたんですが、、ほんとによかったです。

★ エアコンの掃除がメッチャ楽になりました。友達にも使ってみたらとススメてみました。

★ エアコンの奥の汚れは届かなくてなかなかとれなかったんですけど、おかげで綺麗になりました。使ってよかった大満足です。

驚くほど汚れが出てきました。高いところにエアコンがあると、目の中にホコリが入ってしまうのんで気をつけないといけないです。。

★ モコモコしたところの形が自由に変わるので掃除しやすかったです。汚れたら水洗いでサッと落ちるのも便利。早くこちらの商品を知っておいたらと思いました。

★ これまで、いろいろと商品を試してきたけどこれは最高です。適度に曲がるのが便利で汚れを奥の方からかきだせます。洗って使えるのもいいですね。3台分掃除したんですけど、まだいけそうです。

★ エアコンの送風口のカビが気になってたので、いつも雑巾などでふきとろうと思っても入りにくく・・TVでコチラの商品を知ってぜひ試してみたいと思い注文しました。簡単に曲げることができてよかったです。これでカビがとれると思うと一安心。

●低評価の口コミ

★ 今使ってるエアコンによっては使えない場合があります。。

★ うちはダイキンを使ってるですけどダメでした。ブラシがファンに入りませんでした。

★ モコモコしているところがすぐすり減ってしまう。毛が軟弱なので減ってしまうと寝てしまう。

★ 湾曲しているファンの凹んだところがキレイにできない。

★ 隅の方に汚れが残ってしまう。器具の幅が広すぎて、風向き調整の羽が取り外せないタイプのエアコンでは使いづらい。

購入する時にはエアコンの機種が
送風口からブラシを入れられるタイプのものかをどうかを

よく確認しておくようにしましょう!

■ファンファンのサイズ
縦25.5×横4.5×厚2.2cm

ダイキンのエアコンを使っている人は特にです!

また、細かいところまで、
汚れを落とさないと気が済まないという人は何度も水洗いをして

ブラシを送風口に再度入れることを
繰り返す必要があります。

その分、手間がかかるかもしれませんが、繰り返すほど、キレイになるのは確かです。

そこまで、細かな事が気にならないのなら一回で、かなりホコリや汚れがとれしまうので、

満足できるのではないでしょうか。。

ファンファンでエアコン送風口の掃除が簡単に・・

ファンファンの使い方は簡単!
次の3ステップを行うだけです。

1、ファンファンを水に濡らし後にギュッと絞る

2、エアコン送風口へ入りやすいように形を変える

3、送風口の奥の方までいれたら後は軽くこするだけ

ファンファンの毛には、
エアコン内にたまっていた汚れが
付着した状態になってます。

後は、ファンファンをとり出すだけです。

たったこれだけでの作業で
かなりキレイな状態になるんですね!

もしファンファンを使わない場合には
歯ブラシを使ったり、エアコンクリーナーを使ってキレイにするんですけど

掃除をする準備にも時間がかかるし

周囲が汚れないようにしたり
クリーナーを使うときには、電装部分に
付着しないようにするなど

細心の注意が必要になることもあります。

手間と時間を考えたら
ファンファンで手軽に掃除できるメリットは

かなり大きいのではないでしょうか?

■使用にあたっての注意点をピックアップ

●エアコンの電源を切り、コンセントを抜く
●水はよく切ってからエアコン送風口に差し込むようにする
●水が垂れてる状態で使うとエアコンの故障の原因に
●力を入れてこすり過ぎると、送風ファンが壊れる可能性があります。

購入して使用する前には

シッカリ説明書を読んで、
正しい使い方を理解するようにしましょう。

キレイになっても
エアコン本体が壊れてしまっては

元の木阿弥ですから・・・

ファンファンの素材
毛の部分:ポリエステル
柄の部分:ステンレス
持ち手の部分、ポリプロピレン

さいごに

今回は、エアコンの送風口付近のカビや汚れを自分で簡単に取り除くためのツール。

ファンファンを紹介しました。

エアコンは、こまめに掃除したいところなんですが面倒くさいという気持がどうしてもでてくるもの。

ファンファンで手軽に掃除できるようになれば、エアコン掃除が楽しくなってくるかもしれませんね。

今年のエアコンの掃除はこれでバッチリかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする