タフト24歯ブラシの硬さの選び方!市販のモノと比較した口コミはコチラ

今回は、歯医者さんが推薦!使った人も目から鱗と絶賛のオーラルケア「タフト24歯ブラシ」の紹介です。

C&CCompanyの西尾秀俊さんが開発した「タフト24歯ブラシ」。元々歯科医で紹介されていましたが、ショップチャンネルを通じて累計300万本が販売されたあと、楽天、ロフト、ハンズなどで販売されるようになっています。

ちなみに、まとめて買うならネット通販での購入が最安値ですね!

お口の状態に合わせて、ソフト、ミディアム、ハードなど6つの硬さと6種類の色に分けられ、ユーザーさんが楽しく、使いやすいオーラルケアとなっています。

コチラのページではタフト24歯ブラシの選び方ということに絞って、どの硬さのものがいいのか?などを歯ブラシの特性などを紹介しながら、口コミなどを参考にまとめてみましたので参考にしてみてください。

■タフト24歯ブラシの硬さと選び方。

タフト24歯ブラシの硬さの選び方としてはショップさんでは次のようにわけています。

ESS(柔らかい)




MH(硬い)

ESS→→重度の歯周病、手術後用
SS(スーパーソフト)→→歯肉の炎症。歯根が露出。
S(ソフト)→→歯根が心配な人
MS(ミディアムソフト)→→健康な歯と歯肉の人
M(ミディアム)→→ブラッシング圧がコントロールでき、健康な歯肉の人
MH(ミディアムハード)→→頑固なプラーク。健康な歯肉の人

ユーザーさんの中に市販の歯ブラシと比較した時の硬さを分類していたものがありましたので紹介します。

↓↓↓↓
一般的な歯ブラシで硬さを例えると…

S:ふつうより柔らかめ
MS:ふつうより硬め
M:硬めのブラシよりさらに硬い
MH:歯茎が丈夫でないと痛い。

歯ブラシの硬さについてユーザーさんの口コミレビューをピックアップしてみました。

口コミ
↓↓↓↓

MSを選びました。今まで使ってた歯ブラシよりも、シッカリしていて磨きやすい。ちょうどいい硬さでした。
★ 歯ブラシの硬さはミディアムを選びました。市販されてる歯ブラシの硬めにあたる感じです。
★ はじめての注文だったので硬さがわからずソフト(S)にしました。結果、ちょうどよかったです。植毛の密度はほんと高いですね。
ミディアムソフト(MS)を使ってます。一般の歯ブラシの普通の硬さかな?

★ 硬さはソフトを選びました。普通の歯ブラシみたいですが磨き終えたあとはツルツルした感じになり、市販の歯ブラシより磨きやすかったです。
ソフトを選びました。ドラックストアで販売してる柔らかめと普通のちょうど中間くらいの感じですかね。磨きやすいです。
Mを選んでみましたが、かなり硬めだったので次回はワンランク下の硬さにしようかと思っています。
★ 歯周病気味の母にはMSはちょっと硬いと言ってました。
スーパーソフトを買ってみました。やわらかめなのにコシがありシッカリみがけます。歯茎がだいぶ傷んでたのでちょうどいい硬さでした。
★ 歯ブラシの硬さは”SM”はシステマの硬めかGUMのふつうくらいな感がします。
★ 硬さはMSにしました。ずっと使ってたものよりもヘッドが小さくシッカリしてて磨きやすいです。硬さもちょうどよかったです。
MSを買いました。硬めの歯ブラシが好みの主人にはちょうど良かったようです。
私は、磨くと少し痛いので力を抜いて磨いてます。
Sを使ってましたが、最近歯茎が弱ってきたので、今回はSSを購入。やわらか過ぎないかが気になってましたが、歯茎にやさしくシッカリ磨けてたので良かったです。
★ 知覚過敏なのでSSを使用。硬すぎず柔らかすぎず、とてもフィットしています。

■タフト24歯ブラシの特徴と違い

多くの歯ブラシは毛先が切れっぱなしです。なので、優しく磨いても歯や歯茎を傷つけてしまいます。タフト24歯ブラシはカットした毛先をていねいに丸く面取りしているので、歯や歯茎を傷つけることなく心地よく磨けます。

市販の歯ブラシを使っていくら磨いても汚れが落ちないのは、毛束の密度が少ないからかもしれません。その点を考慮してタフト24歯ブラシは一般的な歯ブラシにくらべてたくさんの毛を植毛しています。(約40%も高密度)

歯ブラシは水分を含むことによって日々弱くなってきます。タフト24歯ブラシのPBT素材は、水はけのいい特別製。コシの強さも25%ほど強くなってます。コシが強いとかきだす力が持続します。シッカリ、プラークをおとすことができるわけですね。

普通の歯ブラシはすぐに毛先が開いてくるのでバサバサの毛でゴシゴシみがくことで歯と歯茎が傷つきます。使っているうちに口にフィットしていくのがタフト24歯ブラシ。歯ブラシに歯をあわせるのでなく、歯にあった形に、歯ブラシが馴染んできます。

このようないい面を実感する為にも、自分にあった硬さを選ぶようにしたいですね。

■さいごに

今回は「タフト24歯ブラシ」の紹介でした。

自前の歯についてですが、80才の平均が15.2本と言われてます。

でもこれは平均値で、歯をたくさん持っている人はそれこそ20本以上持ってるけど、持っていない人は数本しか持っていない。というのが現状だということです。

歯を失うとその分健康リスクが高くなるとの話もありますので、自分の歯は大切にしたいところです。

歯ブラシは毎日使うものですし、いい歯ブラシを使って自前の歯は長持ちさせたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする